格安航空券は航空業界の進化

航空会社は、日本国内では元々は独占企業のような形であったのですが近年、規制緩和によって新規航空会社が続々と日本国内線での参入を始めていますね。
その影響で、航空券の値段の見直しなどがされており、特に新規参入を始めた国内線の航空会社では従来の航空チケットに比べるとかなり値段が下がっており、格安航空券と呼べるほどに値段がリーズナブルになって来ているのです。

日本国内の経済指針


ここ十数年の間に、日本では経済的に不景気だと呼ばれるような時代が続いており、高級志向なものというものがどんどん淘汰されて行ったり企業方針の進路変更を余儀なくされてきているのです。
その影響の波は、航空業界にも大きな打撃を生んでおり、その結果として日本の国内における新規参入を始めた航空会社の数々は海外の格安航空会社をビジネスモデルとして、企業の合理化や効率化を図ることによってコストの低減を行ってきているというような方向性に進んでいるのです。
現在では、日本の企業の殆どが低コスト化の方向に進んでおり航空業界でもそうせざるを得ないというような形になってきたお陰で、今まで航空機を利用することのなかった層も新子参入航空会社の格安航空券を購入することが出てきたりして、航空業界にも新しい需要層が出来上がって来ているというような現状にあるわけですね。

航空業界の低コスト化


ある意味、航空業界における低コスト化というのは時代や技術の進化がなされているという風な見方をすることができるかもしれません。
基本的に、日本国内の企業というのは低コスト化における安全性の劣化というような方向性にはいきません。
航空機は、特に安全性に神経質にならなくてはいけないものですから安全性に関しては今までの質を保ちつつ、人件費やその他の関連費などにおける低コスト化というような形に収束しつつあるのです。
これらも、質を下げるというよりはむしろ過剰な高級サービス志向だったものを排して合理化することによって低コスト化を実現してる、というような形だと言えるかと思います。
だから、今まで航空機を当たり前のように利用していた層というよりも今まで航空機のチケットが高くて利用することを敬遠していた層を、新たな利用層として取り込むための新規開拓というような側面が強いですね。
実際ここ数年での業績はそれなりに挙げることができており日本国内でもだんだんと格安航空チケットが勢力を増しているのです。

新着情報

◆2015/02/23
人員削減による低コスト化の情報を更新しました。
◆2015/02/23
整備の共通化でコスト削減の情報を更新しました。
◆2015/02/23
格安航空券のための人員整理の情報を更新しました。
◆2015/02/23
客室乗務員の訓練コスト低減化の情報を更新しました。
◆2015/02/23
機内サービスのコスト低減化についての情報を更新しました。