人員削減による低コスト化

日本国内の、新規参入した航空会社では従来の航空会社で行っていた高級志向な機内サービスなどを簡素化したりすることによって、コストを削減して低価格での航空券の提供をすることにより、従来の航空会社との差別化を図り、新たな需要層を取り込むというような形の運営方針がなされているのですね。
特に、この高級志向によるサービスを簡素化することによって日本でも安全面を質を保ったままで格安航空券を利用することができるようになっているわけですね。

人件費の削減による低コスト化

特に、日本の新規航空会社における低コストで目を向けられたのがやはり人件費の削減です。
飛行訓練の低コスト化のため、新規航空会社では新卒採用ではなく嬢無資格などを既に取得している人員や運航乗務員などを中途採用することによって、飛行訓練にかかるコストを丸々抑えることに成功しているのです。
中途採用を取り入れたことによって、実は他の航空会社での人員削減の波を受けたような人たちがそのまま流れていったりして、この取り組みはかなり大きな成功を挙げたといえるでしょう。
ほかにも、空港カウンターの人員なども一気に削減しています。
大手の航空会社だと、ラウンジや案内員などの人員も設置しなくてはいけないのですが、新規航空の場合は空港カウンターは搭乗手続きの実施する時間帯だけスタッフを配置して、時間外では無人にして閉鎖しておく、というような形にしているのですね。
こうすることによって、スタッフの数を削減することができるのです。
基本的に、空港カウンターでの業務は搭乗手続きしか行えないようにしている、ということなのです。
また、そのほかにインターネットを利用した自動チェックイン機を利用するように推進するためにカウンターチェックインを有料化するなどして、自動で消費者側がチェックインの手続きをするようにしているのですね。
これがスタッフ削減にもつながっており、よりコストを低価格かできるというわけです。