格安航空券のための人員整理

日本でも、規制緩和にともなって新しい航空会社が参入を始め、海外の格安航空会社をビジネスモデルとしてLCCに近い形での運営をしているような航空会社が増えてきているのです。
それに伴って、格安航空券も手に入れやすくなっており新しい需要層が航空業界にも出来上がって来ているわけなのです。
さて、しかし日本と海外とでは航空会社などの規定も違うでしょうしあくまでビジネスモデルにしているとは言え、まるきり真似をするわけにもいきません。
そこで、日本独自の低コスト化や合理化、効率化をはかることによって航空チケットの値段の削減をすることに成功しているというわけなのです。

空港の工夫

航空チケットをより安くするために、航空会社でもかかる費用のコスト削減を狙っているわけなのですが、その中でも空港の乗り入れなどを変更することによって値段を下げることができているのです。
例えば、混雑してしまう大都市周辺の空港を避けて中小空港などに乗り入れをすることによって、空港利用や路線利用などにかかるコストを削減して、航空チケットの値段を下げることができるようにしているというわけですね。
ほかにも、設備を簡素化したようなターミナル利用や機内清掃を行うスタッフなども乗組員が自分で行うということにより人員削減を行ったり、地上要員数を大手の航空会社程必要としないようにすることによって、人件費の削減にも努めているというわけなのです。
一人当たりの負担こそ大きくなるとは言っても、徹底した高度な専門的訓練を受け、サービス向上のために行っていたようなサービスの簡素化を考えると結局のところ負担はプラスマイナス0に近くなっていると思います。
また、整備設備なども自社で所持したりしないで整備を委託するような形にすることによって、設備の維持費などを自己負担せずに済むという観点から、こちらも低コスト化につながっているひとつの要因といっていいのではないでしょうか。