低コストで格安で旅行に行ける!上手に活用していこう!

- 機内サービスのコスト低減化について

機内サービスのコスト低減化について

格安航空券を提供することができる、新規参入した日本国内の航空会社はあらゆる点でコスト低減化を行うことによって、航空券の値段を低く設定することができるようになっているのですね。
コスト低減の中には、たとえばコストを削減しつつも別の個所で収益を上げることができるようにしているのですね。
特に、機内におけるサービスなどの簡略化や合理化、有料化などを行うことによって、よりコストがかからないようにするということができるようになっているわけですね。

機内サービスの簡略化で航空チケットの安価化


新規参入した航空会社の、機内サービス簡略化の中には機内食や飲料サービスなどをより、簡素化することによってコスト削減と別部分での収益を上げる狙いがあります。
例えば、新規参入した航空会社の機内では機内食や飲料の販売を有料にしながら、なお且つ簡素化することによってサービス費用を削減しているというわけなのです。
ほかにも、これに伴い保安検査場の外部から飲食物の持ち込みを禁止している航空会社や、機内での飲食を禁止しているというようなシステムになっているところもちらほらと増えてきているのですね。
こうすることで、機内での飲食は有料の機内食だけに限定されますので、低コスト化と別収益につながっているというわけなのですね。
実際、飛行機移動なんてそれほど長くかかるものではないので機内食がなくても特に困ることはないですし、別になくてもいいという人は航空チケットの値段だけで利用することができるというわけなのですね。
ほかにも、預かり手荷物を有料化したり、機内座席の表皮を清掃が楽な本革や合成皮革を使用するようにしたりと、あらゆる点で細かい部分ではありますがコストの低減化が行われているのですね。
こういった、今までサービス料に含まれているものを任意での有料化にすることによって、通常利用をするための航空チケットの値段を軒並み下げることに成功しているということです。