客室乗務員の訓練コスト低減化

日本国内における、航空会社の新規参入を果たした格安航空会社を元にした低コスト化を成功させた企業は、とにかく従来の航空会社における高級志向サービスを排することで格安航空券を手に入れることができるという現状を作ることに成功しました。
海外の物に比べると、やはり値段はやや高いですがそれでも国内線の航空チケットに比べれば、格安航空券と称しても決して過言ではないくらいに値段は下がっているといえるでしょう。
さて、この航空チケットの値下げを行うために新規参入した航空会社はどんな低コスト化戦略を行っているのでしょうか?

訓練コストの低減化

先ほども言った通り、日本国内における新規航空会社が低コスト化をする際に最初に排したのはやはり高級志向のサービスについてです。

つまり客室乗務員のサービスの質ですね。
そのため、新規参入した国内の航空会社では客室乗務員の訓練コストをより低減化しているのです。
従来の航空会社の航空機を利用したことがある人はわかると思いますが、とにかく従来の航空会社は客室乗務員の接客マナーの徹底がとてもレベルが高いのです。
しかし、そう言ったプロ意識を育てるためにはそれなりに期間と費用をかけた訓練が必要になるわけですね。
しかし、新規参入した航空会社ではそれらのサービスの質を抑えることによって、訓練コストを低減することができている、ということです。
新たな需要層は、言ってみれば航空機に求めていることというのは渋滞などに悩まされずにストレスなく長距離の移動を果たしたい、ということなのです。
乱暴な言い方をすると飛んで目的につけばそれでいいわけですね。
機内食や、ドリンクサービス、客室乗務員の丁寧なサービスなんていうものは正直なところなくてもいいわけです。
それでも、車で渋滞にイライラしながら延々と運転をするのに比べればかかる時間も精神的な負担も遥かに航空機のほうが楽ですからね。
今はそれが新しいトレンドになっているのです。